2019/06/05 08:00:00
  • 【どう出版 メルマガ】  今、届けたい言葉 〈対談 三枝成彰・宇城憲治〉 / 『新版 空手と気』 読者の声 /《受付中》 宇城憲治 宇城道塾体験講習会・実践講演会

┌┐ 
└◆ どう出版メルマガ  (2019年6月5日)


こんにちは。どう出版です。
今回お届けするのはこちらです。


○ 「今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―」
 【対談】三枝成彰 作曲家
      宇城憲治 UK実践塾代表

○ 『新版 空手と気』 読者の声

○ 宇城憲治 宇城道塾体験講習会・実践講演会 《申込受付中》
 〈6/9 大阪〉 〈6/30 東京〉 〈8/15 京都〉



※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1〜3回配信しています。
ご興味のあるご友人、お知り合いに転送・ご紹介くださいませ。



◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―
◇  【対談】三枝成彰 作曲家
◆       宇城憲治 UK実践塾代表


今、政治の虚構はもとより、
身内による虐待や無差別殺人など、
命への冒涜が止まらない。

作曲家の三枝成彰氏は、そんな時代だからこそ
第二次世界大戦の中で、生きたくても
自分ではどうにもならなかった特攻という歴史の事実、

そしてそこに生きた実在の人物のドラマを通し、
現代人にも通じる命の大切さ、
戦争の理不尽さを伝えたいと語る。

ライフワークとしているオペラ作品の創作の原点や、
今の日本に対する思いについて
縦横に語っていただいた。

 *  *

<巻頭対談>
人間とは何か ― 反戦の心をオペラに込めて


【三枝】
これがオペラ「神風」のプログラムです。

このプログラムには
特攻隊員の遺書が載っていますが、
これが僕のオペラの着想のもととなった遺書です。

実は一番いい文章が残っているのが
知覧なんですよ。

知覧の特攻隊員たちは、本当の心情を綴った手紙を
知覧高等女学校の女学生に渡しました。

彼女たちはそれを大切に保管して、
憲兵には見せなかったんです。
だからすごく本当のことが書いてある。

例えば僕のオペラの主人公、
神崎少尉のモデルとなった穴澤利夫大尉の手紙には、

正直にあなたのことが大好きです、
という内容が書かれていますね。

しかし、検閲がかかったものは
『私は、恥ずかしながら死んで参ります』となる。

正直に書いたもので残っているのは、
残念ながら知覧にしかないです。

他の残っている遺書に書いてあるのは、
ほとんどが表向きのことばかりです。

なぜなら検閲があったからです。
みな行きたくなかった。

命令されたら親や子のことを考えて、
家族が村八分にならないよう
「僕ひとりが犠牲になれば」ということで
特攻に行った。

日本が負けることや特攻が無駄だということも
知っていても、行ったわけです。


【宇城】
神風特攻隊については統率の外道
(やってはならない作戦)ということも
言われていましたね。


【三枝】
飛行機が足らなかったことも原因でしょうね。

特攻はフィリピンにいる時に始まるのですが、
当時十数機しか飛行機がないのに、
向こうからすごい数の敵の船が押し寄せてきた。

そこで、一機で一隻沈めれば、
というところから特攻が始まったわけですね。

しかし、そもそもアメリカと戦争を
始めたことが問題ですよ。

当時アメリカのGDPは
日本の100倍あったのですからね。


【宇城】
親父は特攻を護衛する任務で
仲間をたくさんなくしているので、
戦争の話をほとんどしませんでした。

親父が亡くなってから、出身の大刀洗陸軍飛行場、
今の記念館から資料が送られてくるようになり、
そこに書かれている文書を読んで
当時の様子がだいたい分かったのですがね。


【三枝】
助かった人もいます。
例えばある隊員は当時16歳くらいの少年で、
戦闘機ではなくて250キロくらいの
スピードしか出ない木でできた練習機で行って、
米軍の甲板に落ちちゃった。

それで米軍に救われて助かっています。
写真を見ると飛行機を撃ち落とされて
パラシュートを開いている人もいるんですね。

米軍の映像に残っています。
そういうこともあるんだろうと思います。

でもほとんどが敵まで
辿りつけなかったわけですよ。

ずいぶんいろいろな人にインタビューをしましたが、
最後の頃は護衛機もついて行かないから、
爆弾を抱えてよたよた行くので、
見事に撃ち落されてしまったと。


【宇城】
まさに最後の特攻は百死零生という
勝ち目のない中で展開されているわけですよね。



【200号】 2019春
http://www.dou-shuppan.com/dou200-lp/

『道』は定期購読でお読みいただく季刊誌です。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html



◆◇ 最新刊『新版 空手と気』に
◇  感想をいただきました


●本著のサブタイトルである「気の根源 思考の深さ」

「気」とは何か?
「思考の深さ」とは?
「空手」というキーワードと何が繋がるのか?

私がこの本を最初に読んだのは10年前だったと思います。

フルコンと筋トレをバリバリやっていて、
仕事でもプライベートでも衝突ばかり、
自己中心の我欲台風のような私が、
ひょんなことから大怪我をして
身動きが取れなくなっていた時、
宇城先生のご著書に出会いました。

あの頃、宇城先生のご著者は、読んでも、
幾度読み込んでも、何が何やらさっぱり
わからなかったです。
でも、その紙面から伝わってくる
ただならぬエネルギーは感じることができました。
(中略)

読み返す度に新たな気付きがある。
己のレベルを測ることができる。
紙でできた本というものが、
どれだけのエネルギーを持っているのか。
その書き手の心が込められている、それが伝わる。

それでもその先がある。
「言葉」だけではなく「事実」に触れる、
体験することで本物の深さを
感じることになると思います。

自分を変えることができる本。
そのような本に出会えたことに感謝します。
(福島 公務員 50代 男性)


宇城憲治著 『新版 空手と気』
https://www.dou-shuppan.com/books/shin-karatetoki/

出版記念 「宇城憲治 武術空手 実演会」
2019年8月4日(木)
https://www.dou-shuppan.com/event/tj201908/



◆◇ ご案内  申込受付中!
◇  宇城憲治 宇城道塾体験講習会・実践講演会
◆  【6/9 大阪】 【6/30 東京】 【8/15 京都】


体験で学ぶ、宇城憲治氏の
講習会・講演会のご案内です。


変化・成長のためにまず必要なのは
「気づく」ことです。

この機会に、鮮烈な「気づき」を
体験してみてください。


■【大阪】宇城憲治 宇城道塾体験講習会

日 時: 6月9日(日) 13:20〜16:30
講 師: 宇城憲治
会 場: 愛日会館
受講費: 5000円 

詳細・お申し込み
http://www.dou-shuppan.com/event/ok201906/


■【東京】宇城憲治 宇城道塾体験講習会

日 時: 6月30日(日) 13:20〜16:30
講 師: 宇城憲治
会 場: 町田市文化交流センター
受講費: 5000円 

詳細・お申し込み
http://www.dou-shuppan.com/event/tk201906/


■宇城憲治 京都実践講演会
日時: 8月15日(木) 12:30〜16:00
講師: 宇城憲治
会場: 京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都
参加費: 大人 4000円/ 学生(高校生まで)2000円 

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk201908/



《2019年》 宇城道塾
【東京・大阪・仙台・岡山・熊本・名古屋】
http://www.dou-shuppan.com/dou/index.html




----------------------------------------------------------
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回 1・4・7・10月発行
1冊 本体1,143円+税
年間購読料:5,000円(税・送料込)

購読のお申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html
☆ 定期購読会員特典 ☆
宇城道塾を4000円〜5000円で体験(お一人様一回限り)。

----------------------------------------------------------
*本メールは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
 ご希望いただいた方にお送りしております。

*本メールアドレスは送信専用ですので、ご返信いただけません。

*本メルマガの配信停止は、以下の「登録・解除・変更ページ」か、
 「空メール送信」で解除手続きを行なってくださいませ。

○ 登録・解除・変更ページ
http://www.dou-shuppan.com/dou_mail/

○ 登録解除メールアドレス 
dou-del@news.dou-shuppan.com
(このアドレスに空メールを送信してください。)

○ 本メルマガの 【バックナンバー】
http://news.dou-shuppan.com/dou/backnumber.cgi
 
-------------------------------------------------------------


−文武に学び未来を拓く− 季刊誌  "道(どう)"
      http://www.dou-shuppan.com/
==================================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
  http://www.dou-shuppan.com/inquery/
  ---------------------------------------
  TEL 042(748)2423 
  FAX 042(748)2421 (24時間)
  ---------------------------------------
  Facebookページ
  http://www.facebook.com/doushuppan
==================================================