2020/01/07 08:00:00
  • 【どう出版 メルマガ】  今、届けたい言葉 〈対談 横綱 白鵬・宇城憲治〉/ 本日深夜終了! 年末年始 感謝キャンペーン / 宇城道塾 実践講演会(京都)

┌┐ 
└◆ どう出版メルマガ  (2020年1月7日)


こんにちは。どう出版です。
今回お届けするのはこちらです。


○ 「今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―」
 【対談】白鵬 第69代横綱 
     宇城憲治 UK実践塾代表

○ 年末年始 感謝キャンペーン! ★本日1月7日(火)深夜まで★

○ 宇城道塾体験講習会(大阪・京都) 参加申込受付中!


※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1〜3回配信しています。
ご興味のあるご友人、お知り合いに転送・ご紹介くださいませ。



◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―
◇ 【対談】白鵬 第69代横綱 
      宇城憲治 UK実践塾代表


対談時、42回だった優勝記録を
さらに塗り替えた横綱 白鵬関。

入門時62キロ、175センチだった少年は、
18年後、158キロ、192センチの、
まさに威風堂々とした力士となりました。

横綱となった今でも

「22歳の時に目指したのが横綱。
 25、26歳の頃に目指したのも横綱。
 今、目指しているのも横綱なのです」

と語ります。

探求心のやまない様子が
宇城氏との“体談”から見て取れます。


 *  *

<巻頭対談>
横綱 ―― 前人未到の境地、さらにその先へ
“体談”で語り合う、目に見えない内面の世界


【白鵬】
だいたい身体が柔らかい人は力が弱いんですね。
僕の場合は力がある人よりは弱いのだけど、
力を抜いていると「ブヨブヨ」な筋肉が、
いざ技に出るという時に「くっ」と硬くなるんです。こ

ういう筋肉というのは、いい筋肉で、
めずらしいらしいです。

そういった意味で私は身体が硬い人が
大好きなんです(笑)。

硬い人というのは最初の出だしは力があるのだけれども、
止めてしまえば、もうこっちのものなんですね。

あとはどこに放り投げるかというだけで(笑)。

一方、身体が柔らかい人は投げても投げても
まだ生きている。

そういう体質というのも
生まれもったものなのでしょうかね。

実は僕は31歳から筋トレをやるようになったんです。
なぜなら、身体が柔らかいと、やらないとすぐに
筋力が落ちてしまうからです。


【宇城】
硬い人はあとはどこかに放り投げるだけ
……いいですね(笑)。

しかし力士さんには200キロを超すような
でかい人もいるわけですからね(笑)。

これは参考になればと思うのですが、今、
左の手の平を開いたり閉じたりしてみてください。
手首を絞められたほうはしんどいでしょう。

一方右手はふつうに開いて閉じてが
自由にできるでしょう。

その自由にできている右手を左手にうつすのです。
そうすると左手も楽にできる。

これを「夫婦手」と言って、
夫が妻を助け、妻が夫を助ける。
片方だけでやらないで両方で全部やる、と。

脳梗塞になって右手が動かなくなって
左手が動く人は、それをひとつにつなぐといいんです。

これを僕は「統一体」と言っているのですが、
一つにすると動くようになるんですね。

たとえば、立ち上がって僕の肩を
上から思い切り抑えてもらえますか。

ふつうはとても立てませんが、
統一体になると簡単に立てます。


【白鵬】
えー!?


【宇城】
それと足を前後にさせてしっかり立ってください。
こちらが力で押すと、踏ん張ることができますね。
ところが内面をずらすと、こうなる。


【白鵬】
はぁ、こう入ってくるんですね。


【宇城】
内面ですから。
突きも同じです。
相手はこちらの内面につられるのです。


【白鵬】
間に反応している?


【宇城】
そうですね。
目に見えない何かに反応している。

横綱はすでに実践でやっておられる。
だけど無意識だから記憶に残っていないのかもしれません。


【白鵬】
いや、なんとなくわかっているんですね。
組んでしまえば呼吸は整えられるのですが、
組む前までがゆっくりなんですね。

僕もこのことでちょっと調べたのですが、
読売ジャイアンツが9連勝を成し遂げた時の監督の
川上哲治さんが現役の頃に、
「ボールが止まって見えた」と言っていますね。

「今の野球選手はなんで打たないんだ。
みなボールをただのボールと思っている。
当たったら痛いだけで終わってしまっている。

果たして斧とかナイフ、包丁とかを
投げられたら人間はどうするんだ。
『絶対に打ちます』になるだろう」と。

【宇城】
ナイフとか包丁を投げられたら「絶対に打つ」。
本当ですよね、真剣さですね(笑)。


【202号】 2019秋
http://www.dou-shuppan.com/dou202-lp/

『道』は定期購読でお読みいただく季刊誌です。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html




◆◇ 年末年始 感謝キャンペーン!
◇  本日1/7、深夜24時まで!


一年一回の感謝キャンペーン、
本日最終日です。

この機会をどうぞお見逃しなく!


キャンペーン概要
http://www.dou-shuppan.com/thankyou2020/


● 特別限定セットで 最大30%OFF!

特別限定 書籍・DVDセット
http://www.dou-shop.com/SHOP/164550/list.html

お好きな組み合わせセット
http://www.dou-shop.com/SHOP/164552/list.html


● 単品でも全商品が期間中 10%OFF!
http://www.dou-shop.com/SHOP/164588/list.html


● 期間中、新規に季刊『道』を定期にお申し込み
いただいた方にもれなくプレゼント!
〈 2020年宇城憲治カレンダー または
   お好きな『道』バックナンバー1冊 〉


《キャンペーンのご注文》

○ 電話 042-748-2423

○ どう出版オンラインショップ http://www.dou-shop.com/


27日(金)午前中までのご注文は
年内に発送いたします。
たくさんのご利用をお待ちしております!



◆◇ ご案内  申込受付中!
◇  宇城憲治 宇城道塾 実践講演会
◆   【1/26 京都】


体験で学ぶ、宇城憲治氏の
講演会のご案内です。


「今のような世の中においても
 先生のお話を聞くと希望が湧いてきます。

 自分自身が変わることが希望であり
 エネルギーだと、
 あらためて感じさせていただきました」


変化・成長のためにまず必要なのは
「気づく」ことです。

この機会に、鮮烈な「気づき」を
体験してみてください。


■宇城憲治 京都 実践講演会
2020年1月26日(日) 12:30〜16:00(開場12:00)
京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都
参加費: 大人(大学生含む)4000円/学生(高校生まで)2000円

詳細・お申し込み
https://www.dou-shuppan.com/event/kk20201/


宇城道塾 2020年 受講申込受付中
https://www.dou-shuppan.com/dou/
【東京・大阪・仙台・岡山・熊本・名古屋・和歌山】




----------------------------------------------------------
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回 1・4・7・10月発行
1冊 本体1,143円+税
年間購読料:5,000円(税・送料込)

購読のお申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html
☆ 定期購読会員特典 ☆
宇城道塾を4000円〜5000円で体験(お一人様一回限り)。

----------------------------------------------------------
*本メールは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
 ご希望いただいた方にお送りしております。

*本メールアドレスは送信専用ですので、ご返信いただけません。

*本メルマガの配信停止は、以下の「登録・解除・変更ページ」か、
 「空メール送信」で解除手続きを行なってくださいませ。

○ 登録・解除・変更ページ
http://www.dou-shuppan.com/dou_mail/

○ 登録解除メールアドレス 
dou-del@news.dou-shuppan.com
(このアドレスに空メールを送信してください。)

○ 本メルマガの 【バックナンバー】
http://news.dou-shuppan.com/dou/backnumber.cgi
 
-------------------------------------------------------------


−文武に学び未来を拓く− 季刊誌  "道(どう)"
      http://www.dou-shuppan.com/
==================================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
  http://www.dou-shuppan.com/inquery/
  ---------------------------------------
  TEL 042(748)2423 
  FAX 042(748)2421 (24時間)
  ---------------------------------------
  Facebookページ
  http://www.facebook.com/doushuppan
==================================================