2020/02/05 08:00:00
  • 【どう出版 メルマガ】  今、届けたい言葉 〈対談 カッシャイ・ラヨシュ 宇城憲治〉/ 前島由美 出版記念講演会 / 京都 実践講演会レポート

┌┐ 
└◆ どう出版メルマガ  (2020年2月5日)


こんにちは。どう出版です。
今回お届けするのはこちらです。


○ 「今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―」
 【対談】カッシャイ・ラヨシュ ハンガリー騎射の名手
     宇城憲治 UK実践塾代表

○ 前島由美著『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』
  出版記念講演会〈 2/24 〉

○ 宇城道塾 実践講演会(京都)写真・感想レポート


※このメルマガは、季刊『道』(どう)編集部が発行する、
日常の活力となる「元気」をお届けするメルマガです。
週1〜3回配信しています。
ご興味のあるご友人、お知り合いに転送・ご紹介くださいませ。



◆◇ 今、届けたい言葉 ― 最新『道』より―
◇ 【対談】カッシャイ・ラヨシュ ハンガリー騎射の名手
◆     宇城憲治 UK実践塾代表


「乗馬アーチェリーはあくまでもゴールではなく、
 私の人生において、なくてはならないものです。

 自分の成長のため、先祖から受け継いだものを
 継承するためのものだと思っています」

ハンガリーには、集中という意味の言葉がふたつあります。

ひとつは、一つのことに注意を注ぐという
通常の「集中」。

もうひとつは、バラバラの点を一つにする
という意味の「多点を一つにする集中」です。

ハンガリーが祖先の遊牧騎馬民族から受け継いできた
伝統武術・乗馬アーチェリーは、

走る馬に乗りながら、複数の、しかも
動く的を射るという、まさに異なる動きを
同時にこなす戦闘術。

その名手カッシャイ氏と、気を自在に使いこなし、
まさに多点を一つに集中する、
同時性多次元の動きを実践している宇城憲治氏との対談は、

国境や時間を越え、実践者ならではの
深さに向かうスケールの大きいものとなりました。

 *  *

<巻頭対談>
先哲の教えを今に活かす
生と死の伝統武術が伝えるもの


【宇城】
本日は、素晴らしい乗馬アーチェリーの演武を
見せていただきありがとうございました。

そして乗馬アーチェリーの聖地を
オープンに見学させていただき感謝いたします。
大変興味深くまた勉強になりました。


【カッシャイ】
こちらこそ、来ていただきありがとうございます。


【宇城】
カッシャイさんはここにどのくらい前から
住んでいるのですか。


【カッシャイ】
31年前から住んでいます。
大自然だったところを、こういうふうに
だんだんと自分で今の形に変えていきました。

家庭菜園もやっていて、
私たちはほとんど自給自足です。

鶏もたくさんいて卵もとれるし、
池では魚がとれます。


【宇城】
自然をそのまま生かしていて素晴らしいですね。

ところで、カッシャイさんは朝は何時くらいに
起きられるのですか?


【カッシャイ】
(日本語で)イチ、ニ、サン、シ、ゴ、
5時です(笑)。


【宇城】
(笑)。そうですか。
ここでは動物や生きものがたくさんいるからですね。


【カッシャイ】
そうですね。
動物がたくさんいるので朝早くから餌をあげています。
宇城先生は何時に起きるのですか?


【宇城】
私は、イチ、ニ、サン、3時です(笑)。
睡眠時間はだいたい4時間くらいです。

自然と朝3時頃に目が覚めるのですが、
夢でたくさんのアイデアが出てくるので、
それを寝たまま、まとめています。

アイデアが出ない時は、無意識に
空手の型を寝たままやっていて、
そのどちらかの状態で目が勝手に覚めます。

起きてからは、アイデアは記録にし、
型は無意識の中での気づきや悟りの部分を
再度確認しています。


【カッシャイ】
私も毎朝3時か3時半くらいに
必ず目が覚めます。

そのあと横になって、もう一度
寝てしまいます(笑)。

たぶん3時に目覚めるのは、
身体の自然な働きじゃないかなと思います。


【宇城】
そういう身体の時間があるのかもしれないですね。

 *  *

何気ない話題から始まった両氏の対話は、
しだいに伝統・文化、
そしてそれを継承する意義について
深まっていきます。


【203号】 2020冬
http://www.dou-shuppan.com/dou203-lp/

『道』は定期購読でお読みいただく季刊誌です。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html



◆◇ 『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』
◇  前島由美 出版記念講演会 〈 2/24 〉


●読ませていただきしばらくは言葉が出ませんでした。
 それほど自分のなかでは衝撃的でした。
 前島さんの「丸ごとうけとめる」「信じ切る」という姿勢から、
 根本はそこだったと気づくことができました。 (特別支援学校教員)

●前島先生の実践からエネルギーを分けていただいたとともに、
 今取り組んでいる方向性が間違っていなかったと
 自信が生まれたように思います。(教員)

●幾度となく感情が込み上げ涙を流しました!
 その涙は、前島先生が子どもたちと人間として時に大人として
 しっかりと向き合われ、その中で子どもたちが変化していく様に
 心が熱くなり震えたからだと思います。(作業療法士)


発売以来、続々と
感想をいただいております、

ゆめの森こども園代表 前島由美さんの
『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』

本書の出版を記念して、
前島さんの講演会を開催いたします。

寄せられた感想の多くで触れられているように
「実践・事実」だけで構成されている本書。

実は、載せきれないほどの実例がまだまだあり、
ゆめの森の子どもたちの状況も、日々進展しています。

前島さんにはその近況と、

現在展開しておられる
子どもたちの食事をオーガニックにする活動について、
お話しいただきます。


また、本書に「はじめに――推薦の言葉」と
「ミネラル補給レシピ」を寄せてくださった、

食学ミネラルアドバイザー、『食べなきゃ、危険!』著者の
国光美佳さんにもご登壇いただき、
ミネラル不足が身体に及ぼす影響と、食事での補給について、
詳しくお話しいただきます。


さらに、実践・経験豊富なお二人への
質問時間も設けますので、
教育現場やご家庭でのの悩みや疑問・質問を、
投げかけていただければと思います。

「発達障がい」にかかわらず、
子どもたちが幸せに暮らせる社会をつくるために、
大人がするべきことは何か。

ともに考え、互いに手をつなぐ場になればと
願っております。

どうぞ、お誘いあわせのうえ
ご来場ください。

お申し込みをお待ちしております。


〇 前島由美 出版記念講演会
2020年2月24日(月祝)13:20〜16:30
町田氏文化交流センター
https://www.dou-shuppan.com/event/200224_yumemori/



◆◇ 宇城憲治 京都実践講演会
◇  開催レポート


去る2020年1月26日(日)、ハートピア京都にて行なわれた
京都実践講演会が開催されました京都 実践講演会は、
定員を超える参加者を迎え、終了しました。

実践・体験を通しての講演は
気づきも深くなります。

写真レポートと感想をこちらでお読みいただけます。
https://www.uk-jj.com/post/20200128


宇城憲治氏に学ぶ体験講習会、
次回は、
大阪会場 2020年5月31日(日)
東京会場 2020年6月27日(土) です。

準備が整いましたら、
申し込み受付を開始いたします。


宇城道塾 2020年 受講申込受付中
https://www.dou-shuppan.com/dou/
【東京・大阪・仙台・岡山・熊本・名古屋・和歌山】




----------------------------------------------------------
季刊『道』は
日本人の真の強さとその心の復活を願って発信する季刊誌です。
理屈抜きに「やってきた」方々の深みある人生や熱い思いが、
読者の皆さまの生きる原動力となることを願っています。

年4回 1・4・7・10月発行
1冊 本体1,143円+税
年間購読料:5,000円(税・送料込)

購読のお申込みは、お電話(042-748-2423)
またはホームページからお願いします。
http://www.dou-shop.com/hpgen/HPB/entries/8.html
☆ 定期購読会員特典 ☆
宇城道塾を4000円〜5000円で体験(お一人様一回限り)。

----------------------------------------------------------
*本メールは どう出版ショッピングサイトをご利用くださった方と
 ご希望いただいた方にお送りしております。

*本メールアドレスは送信専用ですので、ご返信いただけません。

*本メルマガの配信停止は、以下の「登録・解除・変更ページ」か、
 「空メール送信」で解除手続きを行なってくださいませ。

○ 登録・解除・変更ページ
http://www.dou-shuppan.com/dou_mail/

○ 登録解除メールアドレス 
dou-del@news.dou-shuppan.com
(このアドレスに空メールを送信してください。)

○ 本メルマガの 【バックナンバー】
http://news.dou-shuppan.com/dou/backnumber.cgi
 
-------------------------------------------------------------


−文武に学び未来を拓く− 季刊誌  "道(どう)"
      http://www.dou-shuppan.com/
==================================================
どう出版へのお問い合わせ(フォーム)
  http://www.dou-shuppan.com/inquery/
  ---------------------------------------
  TEL 042(748)2423 
  FAX 042(748)2421 (24時間)
  ---------------------------------------
  Facebookページ
  http://www.facebook.com/doushuppan
==================================================